坂口建設株式会社 – すべては人と社会の安全のために
Blog
ブログ

夢見草

2015年04月01日

4月を迎え、会社の桜も満開を迎えました。

夢見草とは桜の異名です。

他にも挿頭草(かざしぐさ)・曙草は有名な名前ですが、

「春告草」・「花王」・「徒名草(あだなぐさ)」・「吉野草」・「暮春」・「季春」

「殿春」・「春惜しみ月」などの呼び名があります。

 

とりわけ美しい桜には、昔からこういった別名を付けて愛でていたようです。

 

 

それぞれに由来があって、例えば「夢見草」は「夢の様に美しくも儚い」という意味から…

昔の人ってロマンチックですよね(*^^*)

 

続いては宮崎市高岡にある天ヶ城公園の千本桜です。

 

 

 

 

 

 

続いては、小林市のまきばのソメイヨシノです。

 

こちらの写真はアクトで活躍している鳥越さんからの提供です

 

 

牧場の桜は明治42年、防風林としてソメイヨシノを千本植樹し、戦前は「軍馬

 

 

の桜」として親しまれ、九州でも珍しい空を覆い尽くす程の桜並木に、北九州か

 

 

ら花見列車が運行し、盛大な桜をひと目見ようと身動きできない程の観光客で

 

 

賑わっていたそうです。

 

 

私も小さい頃に、まきばの桜の下で家族とお弁当を食べた記憶があります。

 

 

 

 

時がたち、木は老木し、病気に見舞われ、レジャーも多様化する中で桜も影を

 

 

ひそめるようになったものの、小林青年会議所の呼びかけで、ボランティア団

 

 

体「小林さくらの会」が発足し、軍馬の桜は「牧場のさくら」として復興したそう

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

〒886-0213 宮崎県小林市野尻町三ヶ野山3214番地1

℡ 0984-21-6311

Fax:0984-21-6322
page-top